世界ランカー 石田匠 井上尚弥も認める新鋭との…

11月23日(月)開催の丸元大成ボクシングジム興行「三田から世界へVOL.16」で石田匠が再び世界へ。
昨年12月にIBF世界スーパーフライ級指名挑戦者決定戦で同級8位イスラエル・ゴンサレス(メキシコ)に判定負けして以来の再起戦。
対するは日本ユース同級王者の石井渡士也。
あの井上尚弥が「国内で一番反応が良い」とスパーリングパートナーに抜擢した19歳の新鋭だ。
「若くて勢いのある選手だが、プロの厳しさをリングで教えたい」と攻めのボクシングで復活のリングにあがる。