京阪沿線物語~古民家民泊きずな屋へようこそ~…

今回の客は、会社社長の三船(リットン調査団・藤原光博)。
この日の“一飯”は、うな重。
三船は商売繁盛を願い、伏見稲荷大社へお参りに行った際、大切なペンを紛失したという。

話を聞くと、母校のラグビー部の後輩から卒業記念にもらった“誇り”であるペンを境内の階段でつまずいた際、失くしてしまったとのこと。
大切なペンを失った三船は、商談への不安を感じ弱気な一面を見せる。
すると、こころは「諦めたらあかん!絶対見つけに行ったらな!」と一言。
翌日、足を痛めた三船の代わりに、潤がペンを探しに伏見稲荷大社へ。
そこで、潤は、苦労した自身の過去を思い出しながら諦めずにペンを探し続ける。

制作:テレビ大阪/キュー・テック
製作著作:「京阪沿線物語」製作委員会
番組公式HP:https://www.tv-osaka.co.jp/keihan_story/
公式Instagram:https://www.instagram.com/keihan_story/
公式Twitter: https://twitter.com/tvo_mayodora/