京阪沿線物語~古民家民泊きずな屋へようこそ~…

こころ(新津ちせ)の誕生日にきずな屋一行は、ひらかたパークへ。遊園地を満喫していると怪しい男の姿が。男は木ノ宮(杉浦太陽)と名乗り、こころの父親だと打ち明ける。

木ノ宮には借金があり、巻き込みたくないという理由で、きずな屋の女将(壇蜜)に娘のこころを託していたという。こころに会いたい木ノ宮は、潤(小西桜子)に間に入ってほしいと依頼する。きずな屋に戻った潤は、こころに父親と会いたいか尋ねるが、「ウチを捨てた男や」とこころは反発。父親が家を出ていく際、無言で立ち去ったことが許せないと言うのだ。すると潤の元へ、「借金取りがきずな屋へ迫っている」との連絡が入る…。

制作:テレビ大阪/キュー・テック
製作著作:「京阪沿線物語」製作委員会
番組公式HP:https://www.tv-osaka.co.jp/keihan_story/​
公式Instagram:https://www.instagram.com/keihan_story/​
公式Twitter: https://twitter.com/tvo_mayodora/​