【デスクツアー】絵本作家が紹介する作品キャラ…

絵本作家かんとふうさんに、ご自身の絵本のキャラクターで手足が動く陶製のお人形を作る様子を見せていただきました。
陶芸用の粘土は色の塗りやすさから白を選ぶことが多いんだとか。
小さな人形のパーツを作るのに使っている道具は歯科でもよく見かけるスパチュラや、ネイルケア用品なんかも活用するのだそうです。
完成したパーツは電気炉で6~7時間かけてゆっくり焼いていきます。
焼きあがったパーツに着色。焼き上がりでも塗った時と色の変化が少ない絵の具を使っています。本焼きする時は、ワイヤーにパーツを通した後、支柱で支えながら900度から1000度で仕上げます。

0:40- 陶芸用の粘土をこねて胴体部分と手足をつくる
1:15- 手足をかたち作る道具の紹介
2:05- 自然乾燥のあと素焼きする
2:49- 素焼きした人形に着色する
3:55- ワイヤーにパーツを通して本焼きする

👑 チャンネル登録はコチラから
https://www.youtube.com/channel/UCeOpyFGyYfhqZDqZeZmAu0A

Twitter
https://twitter.com/art_handmade

Instagram
https://www.instagram.com/makingbazaar/

#ハンドメイド #デスクツアー #人形