食遺産File.53「サワラのひしお丼」@香川県小豆…

テレビ大阪で毎週にちよう午前11時30分放送「発見!!食遺産」の動画レシピ。
今回は香川県小豆島で発見した、サワラを使ったレシピを紹介。
小豆島に春を告げる魚“サワラ”は、お祭りや催しの際に振る舞われるなど昔から親しまれてきた食材だそう。
旬のサワラやアスパラなど、小豆島の食材を使ったソウルフード「ひしお丼」のレシピを教えていただきました。

【材料】(2人前)
サワラ(1/8尾)
アスパラガス(2本)
わけぎ(3束)
大葉(5枚)
三つ葉(適量)
オリーブオイル(80g)
エキストラバージンオリーブオイル(適量)
醤油(適量)
塩こしょう(適量)
米(2合)

【作り方】
①適当な大きさに切ったサワラとアスパラガスを一緒に焼く
②アルミホイルをかけて蒸し焼きにする
③三つ葉・大葉・わけぎを切って混ぜ合わせる
※香味野菜は食感を残すために大きめに切る
④たっぷりのオリーブオイルを加熱する
⑤サワラに香味野菜をのせ、熱したオリーブオイルをかける
⑥さらに醤油をかける
⑦ごはんの上に具材をのせる
⑧最後に残ったソースとエキストラバージンオリーブオイルをかける