フィッシングDAYS 「人気アカマル急上昇!せと…

最近、瀬戸内海で注目を集めている釣りがある。せとうちのマダイをターゲットにした鯛テンヤ、いわゆる瀬戸内海で進化した一つテンヤだ。フォールで食わせる関東式の一つテンヤと違い、せとうち式は生きたエビで底を叩いて釣る。潮の流れが速くて複雑な瀬戸内海で、生餌を使ったこの釣りが進化したのはタングステンのテンヤが一般的になってきたため。タイラバと違い即合わせで次々に掛けていく攻撃的なスタイルが受けている。シーズンインしたばかりのこの日もマダイのみならず多彩なゲストが顔をみせて大爆釣。瀬戸内海のキングサイズも飛び出した。このせとうち式鯛テンヤのテクニックを余すことなく伝える。