食遺産File.62「タコの桜煮」@和歌山県和歌浦

テレビ大阪で毎週にちよう午前11時30分放送「発見!!食遺産」の動画レシピ。
今回は和歌山県和歌浦で発見した、タコを使ったレシピを紹介。
プリプリで味が濃い和歌浦のタコを使った、漁師さんの家庭で昔から食べられている郷土料理です。
夏らしくさっぱりさせるため、隠し味には和歌山の名物「梅干し」を使っています。

【材料】(2〜3人前)
タコ(400g)
水(300ml)
酒(大さじ3)
砂糖(大さじ2)
顆粒だし(小さじ1/4)
梅干し(15g)1個
すだち(1個)
さといも(200g)
にんじん(200g)

【作り方】
①茹でたタコに小さい穴をあける
②タコを大きめに切る
③沸騰した鍋に醤油、酒、砂糖、顆粒だしを入れる
④大きめに切ったにんじん、さといも、タコを入れる
⑤梅干しを入れる
⑥落し蓋をして弱火で40分煮込む
⑦すだちを皮ごと擦る